独立するなら大手の塾にまずは勤めてみよう|サポートしてくれる

ビジネス活動で必要なもの

男性

香港に滞在する場合、短期間の観光目的などであればビザなしで滞在することができる。しかし、ビジネス活動を行う場合など長期に渡り滞在する場合には、ビザの取得が必要になる。香港では90日以上の継続したビジネス活動においては、ビザ取得が必要になり、予め申請を行い取得してから、入国する必要がある。これらのビザ取得については、審査が行われ、その審査を通過できなければ取得することができない。これらのビザ申請においては、一定の要件を満たしたうえ、申請する際にポイントを抑えた上で申請することで比較的通過しやすくなる。香港ではビザ申請の基準が厳しい傾向にあるため、申請時には注意が必要になる。これらの香港へのビザ申請においては、専門の申請業者も存在しているため、現地への進出やビジネスを考えている場合にはこれらの業者活用が効果的である。香港への進出を検討し準備を進めていても、ビザ取得できないと現地でのビジネス活動も行うことができないため、特に重要である。ビザの取得では、申請を行い却下されてしまうと、再度申請しても通過できないことが多くなっている。その為、初めて申請する際が特に重要になる。1度審査を通過していれば、その後は比較的通過しやすい傾向があるため、初回の手続きが特に重要である。これらのことから、初めて申請を行う場合には特に専門業者を活用し、確実に申請が通る体制で申請を行っていくことがポイントである。