独立するなら大手の塾にまずは勤めてみよう|サポートしてくれる

代金はどうやって支払うか

クレジットカード

双方にメリットがある決済

経済を動かす大きな要因となっているのが個人消費です。物を購入し、対価として代金を支払うことが基本となります。個人消費においては現金払いが定着していましたが、現代では支払方法の多様化が見られます。特にクレジットカード決済は便利で安全な支払方法として浸透しています。クレジットカード決済が普及したのは消費者に利便性があるというだけの理由ではありません。代金をもらう立場である販売者側にもメリットがあるのです。販売者から見た大きなメリットは、代金を確実に回収することができるという点です。対面販売かつ現金決済であれば、商品代金の回収を気にする必要はありません。レジで代金がもらえないのであれば、商品を渡さなければよいだけです。ところが通信販売や、高価な買物なので支払は振込みで後日、というケースでは商品の受け渡しと代金の受け渡しのタイミングが異なります。商品を渡したのに支払がない状況に陥る可能性があるのです。このようなトラブルを防ぐためにはクレジットカード決済が有効なのです。クレジットカード決済に用いられるクレジットカードは、消費者の手元にあるため個人の所有物のように見えます。しかしクレジットカードの所有権はカード発行会社にあるのです。つまりクレジットカード決済で購入された商品の代金はカード発行会社から支払われます。信用性の高いカード発行会社が立て替えてくれるので、代金を踏み倒されてしまう心配がないのです。